たまぁ~に更新、しょうもない日記



PL (パーフェクトリバティ) 花火芸術

どうも、10日ほど前に解放されて、もうすでに次の締め切りに追われる日々を送らねばならないのに、だらだらと毎日を過ごす僕です。

今月末に共同研究先とデスカッションです。

結果をださねばなりませぬ・・・

追い込まれつつありますが、まだまだ危機感が薄ぅございます。

夏の暑さに気持ちまで溶けてしまいそうです・・・


と、連日連夜ぼやいておりますが、こうぼやいてても仕方が無い。

そこで、気分転換に花火を見てきますた ( ゚ρ゚ )アウー

それも日本一の花火大会である 


PL花火大会!!



   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(#`Д´)ノ  ランタ タン!
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン!


関西にお住まいの方はもちろんご存知だと思います。

それ以外の方でも聞いたことくらいはあるんではないでしょうか?

何が日本一かと申しますと・・・

数、カズ、キングカズ!

な、な、なんと12万発!! 


    (・ )(・ )  ウヒョー!
     \\\\
     ヽ(*∀* )/

12発ちゃうで、12マンやで!

12マンて・・・

おーすぎや。

見に行かれたことがある人はその凄さをご存知かと思われますが、マジで多いです。

関西を代表する花火大会で他に淀川花火大会ってのもありますが、淀川で2万発。

あれでも十分楽しめるのに、それでも2万発。

されど2万発。


PL、淀川の6倍。

 淀川 × 6 = PL

時間はどちらも一時間くらい。

ってことは・・・

密度 こっ!

PL 濃!




前置きはここらにして、いってきましたYO! (゚Д゚)ウボァー

実はこのPL花火大会、大阪の南の方のド田舎(スティーブン&たけぼん、ごめん)で行なわれるんですが、毎年観覧客が相当な数になるため見に行っても帰ってくるのが至難の業。

ある人は言った、

「行きは30分で行けたのに、帰りは4時間かかった・・・」

え? 8倍・・・

各種交通機関を使っても、圧死する勢いらしいです・・・


でもでもでもでも!

な、な、なんと、私の友人にはそのド田舎に住む人がいたのです!! ( ・∀・ )

ヤター

で、これが何の得なのか?

そこに友達が住んでても、帰り道の込み具合はかわらんやろ。

・・・

まぁそーなんですが・・・

実は花火大会当日は夕方からその付近一帯、一般車両が進入禁止になっちゃうんですねぇ。

でも、そこに友人宅があれば許可証をレンタルして、まんまと侵入できちゃうんですねぇww

そこら辺付近は車でやってくる人も少なく、道が空くまで友人宅でゆっくりと待っていられる。

なんともお得なこのコース!

たまりまへんな。

持つべきものは友人です。


実はこのスペシャルコース、私一昨年にも体験しております <`∀´ >

モーサイコー

でも、もっとサイコーなのは俺の車でそこまで送迎していただける、他の友人たちなのでしょうが、
それは言わないでおきます・・・

俺、行きも帰りも数時間にわたって運転・・・

まぁそれはしゃーない。

許す。


で、そのコースで今年も行って来たのです!

さてそろそろ本題です。

なぜに、ここまで引っ張ってきたかと申しますと・・・

花火の素晴らしさを言葉で表現することができない!!

実際見てもらわないと伝わらない!

とりあえず、俺なりの表現でまとめておきます。


では


キレイやったー  ( ゚Д゚)

おーかったー   ( ・∀・)
  
おっきかったー   ( ̄ェ ̄)

ド迫力やったー   (゚∀゚)

たまらんかったー   (`Д´)

どっかんどっかんやったー   ( ´ー`)
     
近かったー   (*゚ー゚) 

重低音が体中をつたわってきたー   (゚っ゚ )

すずしかったー   (*^∀^)

風流やったー   (・。・)

人多かったー   (´<_` )

楽しかったー   (゚0゚)




いやぁ、マジでお勧めです。

って言うても年に一回なので、来年まで待ってもらわないといけませんが・・・

来年から愛知県に移り住む私にとっては、今年が最後になるでしょうけど、いい思い出になりました。



そこに住んでて、昔っからこの花火大会を間近に感じてきた友人に言わせれば、他の花火大会はしょぼいらしいです。

たしかにね。

ここいらでいっちゃんでかい、そして多くの人が集まる淀川でも6分の1やもんね。


ま、でもほかの花火大会にもいいところはあるでしょう。

数が多けりゃいいってもんじゃないですからね。

一発一発を大事にキレイに魅せる

それも花火師にとってはひとつの魅せ方なのかもしれませんしね。

今週末に行く花火大会も、そんな気持ちで臨もう。

うんうん。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-04 00:31 | 自己マン
<< 壁 オーサカキング&わくわく宝島 >>


たまに興味を持ったことについてダラダラ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28