たまぁ~に更新、しょうもない日記



接待ボウリング大会

ども、最近研究から逃げ腰の僕です。

共同研究先から材料が送られて来たけど、まだ手ぇつけてないぞぉ!

フゥー

やらな。

昨日?一昨日?に同じ専攻の別の研究室とボーリング大会をしてまいりました。

もうどのくらい続いているのでしょう、伝統的に毎年この時期と秋に二回行われています。

私は四回生のときに研究室に配属される前、三回生のときからなぜか参加していました。

別に、自分から積極的に参加していたわけではないのですが、今回で6回目の参加です。

はっきりいうてめんどくさいです。

なにがめんどくさいかと言いますと、ボーリング大会のあとに行われる飲み会がうっといのです。

はっきりいうて、うちの研究室にも、いっしょにやってる研究室にも飲み会を盛り上げることのできる人材がおりません・・・

だから、自然と私が盛り上げることが当たり前となってしまっていることです。

まぁ、昨年に関しては修士一回生ということで、企画・段取り・店の予約と幹事的役割をしなくてはならなかったので、盛り上げることも幹事の一つの仕事であると割り切っていたのですが、今年からは最高学年ですし、今回に関しては私達の就職内定祝いの意味も込められた飲み会ですので、私が盛り上げる必要なんてないのです。

ましてや、下の学年等が私達のために盛り上げなくてはならないのです。

あんまり言うと私がすごく嫌なやつに思われるでしょうし、最高学年だからといって偉そうな感じもするので下の学年に対する不満は言いませんが、やはり自分で盛り上げるのはめんどくさいです。

ま、性格的にもキャラ的にも仕方がないとは思っているのですが・・・

他の飲み会(身内だけで気を遣わなくていいような楽しい飲み会)に関しては、結構盛り上げ役をしますし、苦にもなりませんが、この飲み会は教授も交えて行う飲み会ですから気を遣わざるを得ないのです。

ほんと、ある意味接待ですわ。

めんどい。

でも、ほんと他のメンバーは盛り上げるということが出来ない感じのひとばっかりですから、仕方ないのですね・・・

ほんま損。

踊りまくってきました。

疲れた。

腹も出してきた。

疲れた。



まぁそんなことばっかり言うてても仕方が無いです。

これは将来、社会に出てから役に立つだろう、修行だと割り切ってやっていきたいと思います。

あと秋のボーリング大会の一回を残すのみだ、がんばろう。



そんなボーリング大会&飲み会ですが、一つでも自分のモチベーションを上げる要素が必要です。

それが、ボーリング大会の景品。

毎回、この景品に関しては幹事以外は、何位の人がどんなものが与えられるか知りません。

ま、当たり前ですわ。

でも私は裏情報を手に入れ、ある賞としてi-pod シャッフルが与えられることを知っていました。

今回はこれを自分のモチベーションを高める要素にしました。


その賞というのは、ハイスコア賞とかハイアベレージ賞とかいうものではなく、助教授の先生のスコアにもっとも近い人にあたえらる賞です。

三ゲーム行なうのですが、そのそれぞれのゲームのスコアが近くて、もちろん合計スコアの近い人に贈られます。

前回(昨年秋)の大会でも、実はこの賞を狙いにいってました。

でも前回は戦略ミスで失敗しておりました。

というのは、前回はゲームのフレーム毎にその先生と同じスコアをたたき出そうとしていましたが、その先生の後半の伸びについていけず、結局差を広げられ、賞を勝ち取ることが出来ませんでした・・・

しかし!

今回は前回の反省もふまえ、戦術を新たに臨みました。

今回の戦術は、こうだ!

はじめのうち(5フレくらいまで)は全力でがんばり、なるべく高いスコアをとっておく。
                       ↓
           中盤くらいから先生のスコアを気にしだす。
                       ↓
もし先生が自分より高いスコアなら更にがんばり、低いスコアなら手を抜き始める。
                       ↓
              後半先生のスコアに合わせにいく。
     (前半で先生より高いスコアを取っておくと合わせるのが楽になる。)

この戦略、勝負は8,9,10フレである。

第一ゲーム、第二ゲームはこの戦略がドンピシャで機能した!


第一ゲーム 結果
              助教授 121    私 122
第二ゲーム 結果
              助教授 95     私 94

二ゲームを終えて、分散も小さく合計スコアもぴったりである。

実際第一ゲームではダブル(二回連続ストライク)と幸先よくスタートして、後半で合わせに行くという戦略どおりの流れであった。


「i-pod シャッフルはわしのもんじゃい!」


はっきりと確信していた!

そして運命の第三ゲーム開始。

前半の私は、戦略どおり順調な滑り出しを見せる。

1フレ ストライク
2フレ スペア
3フレ ストライク
4フレ スペア
5フレ ストライク

5フレの時点で 90くらいでした。

なかなかのものである。

そこで、先生のスコアをちらっと見る。


・・・

ん?


あちゃー

えらい突き放してもてる・・・

うそん

その助教授の先生は結構ボーリングが得意で、いつもアベレージ150近くなので(昨年はそうでした)、確かに今回はちょっと調子悪いなぁ(第一、第二ゲーム 121 95)と思ってはおりましたが、まさかここまで調子が悪いとは・・・

やべ・・・

まぁでも、何とか持ち直してもらえるだろうと思っておりました。

その後私はガター連発(左手投法)で合わせにかかりました。

7,8,9,10とすべて G 。

・・・

でも・・・

それでも・・・

時すでに遅しでした。

先生のスコアが私の予想をはるかに下回る伸び・・・


第三ゲーム 結果
             助教授 81     私 99

18ピンも差がついてしまった・・・

でも、まだわからない。

第一、第二ゲームの分散の無さから考えても、まだまだ私にチャンスはあるはずだ!

いけるだろう!




                    そして運命の結果

                         ↓

                         ↓

                    結果はこの写真で!

                         ↓

                         ↓


c0026146_413067.jpg



結果、22位(ぞろ目賞)

賞品 バニーちゃん




                          ぁぁ
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-06-11 04:02 | しょーもない日常
<< どーーしようもない・・・ 愛を知る國の万博 >>


たまに興味を持ったことについてダラダラ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28