たまぁ~に更新、しょうもない日記



気になったニュウス

どうも、私的な夏休みも終わり、研究生活まっただなか・・・と見せかけて、土日は先輩の新居訪問、月火は研究室旅行と遊び予定満開の僕です。

えー、今日はですね、特に書くことも無いので、気になったニュースについて書きます。

二つほど。

まぁ、皆さん知ってるニュースかとは思いますので、みなさんがこれらのニュースを聞いたときに思ったことをコメントで書いといてください。

まぁーずぅ、

「iPod nano」

ナノ?

何なの?

ちょっと聞いたぁ?

おもしろくなぁい・・・

・・・


miniよりもちっさいiPod。

写真見たらマジちっさい!

c0026146_23365220.jpg


すっげぇ!

薄さ7mm、重さ42gだってさ!

んで、カラー液晶付ときたもんだ!

すごいなぁ。

技術ってすすんでるんだなぁ。

HDではなくてフラッシュメモリを搭載したみたいですね。

なるほどね。

やるなアップル!

ってか、これによってminiの立場はどうなるんでしょう??

「ラインナップから消えるのか!?」

みたいなこと書いてたけど、まだまだ新顔さんなんやしぃ、使ってる人いっぱいおるわけやから、アフターサービスやらアクセサリ類の販売はやめないでおいてほしいですね。

大概新しいもんでたら、バッテリーやらのアクセサリ類は店頭から消えますもんね・・・

まぁ、しゃーないっちゃーしゃーないけども・・・


んでんで、更にiTuneを搭載した携帯電話がモトローラから発売されるとのこと(米国など)

日本での発売については触れてないみたいですけど、どうなんでしょうねぇ・・・

モトローラの機種って少ないから期待薄かもしれないですね。

いやぁそれにしてもアップルはすごい!

PC以外のコンテンツで利益上げすぎですよね・・・

ええのか?アップル・・・



そして激化する携帯用音楽端末戦線に本気を出してきたSONYがまた新たなウォークマンを出しましたね。

Rioなどの他社が次々と撤退する中、アップルとSONYの二強の争いとなりましたね。

私が使っている、CREATIVEというシンガポールのメーカはどうなったんでしょうか・・・

お亡くなりになったのでしょうか・・・

安否を知っている方はご一報ください。

でも、SONYは完全にデザイン重視、スタイリッシュなボディを目指しているようで、安価なものを作るという意識は無いようですね。

ちょっと、ここは安くていいモノを提供するという姿勢を見せてほしいものです。

消費者としては、価格競争こそが最も注目すべきポイントなのですから・・・

二社ともに安くするって意識は無いのね・・・

まぁそれだけ売れてるっちゅーことやもんね・・・

消費者のみんな!もっと貪欲に叫んでいこうよ!

「安くていいモノを提供してください!」って。

「安いもんは旨い!」って。



でも、nanoて・・・

1mの1000000000分の1ですよ・・・

全然ナノちゃうやん・・・

まぁ、ナノサイズのiPodなんて、持ってられへんけどな。






で、気になった二つ目のニュウス。

「うるう秒」



知ってました?

うるう秒。

うるう年や無くて、うるう秒。

まず、うるう年について、

「閏年(じゅんねん、うるうどし)は、暦と太陽又は月の運行(季節の移り変わり)とのずれの補正(閏)が行われる年である。」 
                                       by Wikipedia

そう、4年に一度、2月29日がある年のことですよね。

どーでもいいですけど、この2月29日に生まれた人っているんでしょうか?

いたらご一報を。

で、うるう秒ですけど、もうおわかりですね?

うるう年の秒版!

毎年毎年の暦と地球の公転の差を補正する秒なのです。

またまたWikipediaで調べてみると、

一般の生活には、古くから地球の公転・自転に基づく時刻(天文時)が使われているが、実際の地球の公転・自転速度は一定していないため、現代の時間の定義の源である原子時計による時刻とのずれが発生する。世界的には、地球の回転についての国際観測を実施している国際地球回転事業が閏秒による調整を行うか決定する。
                                         by Wikipedia

1972年6月30日(UTC, 以下同)に第1回の閏秒が実施され、これまでに合計22回、最近では1998年12月31日に行われた。次回は、2005年12月31日に正の閏秒が実施される 。

とのことです。

そう!

日本時間にして来年の元旦に実施されるのです!

具体的にどうなるかと申しますと、

2006年1月1日(元旦)の午前8時59分59秒の次に午前8時59分60秒があるのです!!

どーですか!?

どーおもいます?

すげぇ!

NTTの時報はどうなるのでしょうか?

プ、プ、プ、プー 

午前9時ちょうどをお知らせします。

プ、プ、プ、、プー

・・・

みたいな?

こんな感じ?



おぉ!

聞いてみたい!



でも、果たして来年の元旦まで覚えているでしょうか・・・

もしそのとき、覚えていた方はご一報ください。



今日はここまで!
[PR]
# by shingo_iwatani | 2005-09-09 00:47 | しょーもない日常

ルーブル美術館展

どうも、9月に入って涼しくなるかなぁと淡い期待を寄せており、みごとに打ち砕かれ身も心も溶けている僕です。

えー、今日は平日ですが夏休みを勝手にいただいており、ルーブル美術館展にいってまいりました。

突然ですが、私実は美術館とか好きです。

・・・

うそーん! (゚⊿゚)

と思った方、ぎょーさんおると思います。

でも、結構芸術に興味があったりするんですねぇ。

なかなかハイソな趣味でげしょ?

まだ信じてない方が多くいらっしゃると思いますが・・・

進めます。



結構前から京都の市立美術館でやってたのですが、本日なんとなく行ってみました。

いやぁ。

満喫w


確かにぃ、

「こんなクソガキに美術作品の何がわかるねん!」

といわれても仕方ないと思います。(年配の方々が多かったです。)

実際、あんまわかりません。(´Д`;)

予備知識もなぁーんもないです。

ルーブル美術館の「ル」の字も知りません。(゚ж゚)

・・・

でも、自分の中の美的感覚、芸術を感じようとする心があればそれでいいじゃない。

と思います。


ここで、私のなかの基準、この作品はすごいなぁと思う基準を示します。

風景画の場合

 → キャンバスに書かれている情景以上の景色、周りの風景が浮かんでくるような作品

 → そこに描かれている情景が一般的。
   (身近とまでは言いません・・・外国が多いですから)
    それでいて、描かれている人物の表情がいきいきとしている。


歴史画の場合

 → その歴史の1ページの裏に隠された情景が暗に描かれている。(人間関係とか)

 → とても躍動的に描かれている。


肖像画の場合

 → その人それぞれの個性が描かれている。
   (その人の地位やら権威なりが象徴的に描かれている)



まぁ、なに言うてるかよくわかりませんが、こんな感じです。

感覚的なことですから言葉で伝えるのってむつかしい・・・



さらに、私の絵画を見るときのスタンス。

 → まず、2mほど離れて凝視。

 → 3分ほど全体を眺めて、作品の全体としての美しさを堪能。

 → 近づいて凝視。

 → これまた3分ほど、いろいろな部分の詳細を観察。

 → 再び少し離れ凝視。

 → ここで、細部の情報などから作品の広がり、創造性を楽しむ。

 → 終了。 次の作品へ




最後に今日見てきた絵画の感想を少し・・・

様々な作品で裸身の女性が描かれていましたが、すべてが美しく、当時の美の象徴とされているんだろうなぁと思った。

皆それぞれの美しさがあるのだけど、皆彫刻のような造形美をもっており、それだけではなく顔はかなりはっきりとしたタッチで描かれているためイキイキとした感じをうけました。

単に、彫刻的な美しさではなく「生」、「魂」をもった人間的な美しさも同時に感じることが出来ました。

また、肖像画の中にナポレオン・ボナパルトが派手な衣装に包まれてその威厳を示すかのような作品がありましたが、その表情たるや周りの装飾品を圧倒する堂々としたもので、彼の地位、威厳をこわいくらい強く感じました。

風景画もとても広がりというか想像力をかきたてられるものばかりで、とてもよかったです。



いろいろ自己マン的に書いてきました。

今日はマジおもんないですね。

でも、満足。

最後に注意として、

「もし、私と美術館等にいく機会があっても、断わった方がいいです。」

えー、私いっしょに行った人放置します。

これは確実です。

今日もいっしょに行った人を2時間ほど放置しました。

しかも、その人はあまり美術館には興味がないご様子・・・

スマソ

ぁぁ、俺って罪なおとこ。
[PR]
# by shingo_iwatani | 2005-09-03 00:11 | 自己マン

バトン 第二弾

どうも、最近友人の恋模様がうまく転がっているようでとてもとてもうれしい僕です。

えーっと、見てますか?○○チャソ、おまいの事でつよ。



前回フェチバトンなるものを書きましたが、今回はミュージックバトンっちゅーもんにチャレンジしてみます。

これは、だーーいぶ前に廻ってきたやつなんですけど、書いてみます。

ネタぎれ感満載でしょ( ´∀`)


そーいえば前回のフェチバトン、数人の方にコメントいただきましたが、裏に隠された私の本音を読み取った方はいるんでしょうか??

あれはちょっと見られるとマジで引かれそうですね・・・(;´Д`)



えー、では。

質問1.コンピュータに入ってる音楽の容量は?

えーよくわかりませんが、4~5GBくらいかな。

学校で使ってるデスクトップと普段つかってるノートの二台のPCで、それぞれに別のものがはいってるので、よくわかりません。

質問2.今聞いている音楽は?

えー、これは最近よく聞く音楽って意味でしょうかね?

今よく聞いてるのはぁ・・・

Black Eyed Peas の "Monkey Business"

とぉ

Block Party の "Silent Alarm"

とかかなぁ。

あ、曲名やなくてアルバムの名前書いてもた。

ま、えっか。


質問3.最後に買ったCDは?

えー記憶にございません。

CDって買わないもんですから。

基本的に友達からかき集めています。

俺、せこ!



質問4.よく聞く、もしくは思い入れのある5曲

えー、わからん・・・

よく聞く・・・

なんとなく気に入ってるのが

Blink182 の "Always"

Slipknot の "Duality"

Red Hot Chili Peppers の "by the way"

ケツメイシ の "さくら"

RIP SLYME の "Stepper's Delight"

かなぁ。

浮かんだものを適当に書きました。

基本的にHip Hop以外ならなんでも聞きます。

よく耳にするというなら、いろいろな映画で使われている

Village People の "Macho Man"

マッチョーマッチョマーン♪って歌です。

思い入れのある曲・・・

B'z の "You and I"

内容にはふれません・・・


質問5.自分の好きな異性のタイプは?

え?

関係ないやん・・・

まぁ答えますけど・・・

よく言われる言葉で使い古されている言葉ですけど

”好きになった人がタイプです。”

・・・

サブイ(゜д゜)



これまで好きになた人を思い出して共通点を探すと、いくつかあるもんですねぇ。

まず、小さい。

そして、猫顔。

んで、細身。


まだまだありそうですけど、とりあえずこんなもんで。

そんなに条件をつけれるほどイイ男でもないですからね・・・

はぁ。



質問6.今行きたい所は?

一番は沖縄とか南の島!

今は宮古島にいきたい!!

あと、北なら知床! 

やっぱそ大自然と戯れたい!!

海外で言うたらチュキカマタとかマチュピチュとか。

あー今年の夏休みは満喫できんかったなぁ・・・

学生最後やのに・・・

くっそ!!




まぁ、こんな感じです。

私、基本的に聴覚的に訴えかけてくるものより、視覚的に訴えてくる媒体の方が好きなので、あまり音楽について詳しくありません。

ちゅーと半端な記事になってしまいましたね・・・

今回はこれくらいで。

では、また。
[PR]
# by shingo_iwatani | 2005-09-02 00:11 | 自己マン

フェチバトン

どうも、今TVで来年度入社する会社の新たな試み、新たな一歩について特集している番組を見て、あーだこーだ独り言を言うてる僕です。

いやぁ、高級車といえばLe○usといわれる時代がくるといいなぁ。

べ○ツやB○Wにもまけないブランド力、ネームバリューを勝ち取ってほしいです。

がんばれ!

あ、他人事や無かったわ・・・

まぁえっか。


では、今回は友達から廻ってきた? 無理やりまわしてもろたフェチバトンについて書いてみます。

そういえば、なんか音楽バトンとか恋愛バトンとか廻ってきてたけど実際に書いてみるのははじめてや。

時間があれば他のバトンについてもまた書いてみます。

って言うといて、書かないのが私。

忘れっぽいんだモーん。



では、さっそく。

赤裸々に答えなさいとのことですので、事実に基づいて正直に答えます。

ひかないでください・・・


■Q1■あなたは何フェチ?

A. お尻です。

世の中、おっぱい星人だとか足フェチだとかいう方いらっしゃいますが、私はお尻星人です!

弱冠恥ずかしいですが、はっきり言います。

お尻が好きです。

もちろん女性のねw

プリっとした小ぶりなオケツが大好物でゴザイマス。

私のお尻は肉付きが悪く、骨がとがっており、ものすごくこじんまりと収まっておりますが、自分では結構気に入っております。

ですから自分より小さく、かわいいお尻を求めてしまいます。

ここだけの話、彼女がいるときはお尻ばっかり触ってます。

それだけで癒されます。



■Q2■異性を見る時、まず何処を見る?

A. うーむ、そら顔ですわな。目を見てしまいます。

そのあとで、足元から上へ見上げていきます。

異性として意識しだしたら、お尻のチェックにも入ったりします。

一般的に初対面の異性を見るときなんかにお尻を凝視することはないですね (汗

人見知り激しいですから・・・

ここだけの話、形のいいお尻を見つけたら凝視してしまうこともあります。



■Q3■最近プッシュ出来る部位

A. 最近重点的に鍛えて、こんがり焼けた肩。

夏になれば体を鍛えだす私ですが、ここ最近は肩から背中にかけての部分を重点的に鍛えています。

今一番のりに乗ってる部分です。

こんな部分のフェチの人いませんよねぇ・・・

いましたらご一報ください。

あと、二の腕の変な筋肉がついているのですが、これもお気に入りです。

昔、中山きんに君がその部分をペシペシ叩いて、

「筋肉明太子!!」

っていうギャグをやっていた部位です。


■Q4■異性の好きな部位5つ

A. まぁお尻ですわな。

   目

   足首

   指
 
   腰


まず、お尻については先ほど述べた通りです。

次に目、これはいっちゃん始めに見る場所ですからね。

あまり力を持った目は好きじゃないですけど・・・

そして足首、これはキュッとしまってるのがBESTですね。

なんか足首とふくらはぎの区別の無い人っていますよね。 ちょっと勘弁です。

で、指。 指先にまで気を使ってる人がいいかも。 自分は深爪やし、毛ぇぼーぼーですけど・・・

そして腰、これも少し変態的ですけど、女豹のポーズをしたときの腰の部分のくびれが大好きです。 ハァハァ


実はこれらの部分は自分の体の部位で少し女性的な部分です。

目は黒目がちで、足首は細いです。

んで、指は細くて長いです。 よく「ピアノやってた?」って聞かれます。

腰は・・・最近はくびれてないです・・・


自分のこういう女性的な部分で、自分より優れているかどうかを見てしまいます。

で、好きな部分です。

ここだけの話、やっぱり胸も好きですけどね。 男には無いものですから・・・ 



■Q5■フェチを感じる衣装は?

A.  Gパン(細身・また上浅い)

基本的に下半身にフェチを感じるようです。 脚、お尻。

上半身は今の時期、タンクトップがBESTです。

ここだけの話、Tバックがたまらないですね。



■Q6■バトンを渡す5人

A. えーっと、アンチャソ、ダイチャソ、シンチャソ、イヌ、カズヤン、アダ2、kawatch、秦でそうでしょう?

あ、8人になってる・・・

えっか。

みなさんの正直な答え、変態的な答えに期待してます。



えー、今回いつもにない変態的な内容になってしまいました。

女性の方も見られていると思いますが、引かないでください。

私も男の子です。

ちょっとくらいは許してください。



これで視聴率減ったな・・・
[PR]
# by shingo_iwatani | 2005-08-31 00:08 | 自己マン

やっべ

なーんも書くこと無いのに書き始めてしもた・・・

やっべ。

でも、今月二回しか更新してないのでちょっとしときます。

よぉ考えたら、先月の米国出張~旅情編~を書くって言うといて書いてませんが、まぁめんどいので書きません。

そんなに面白いもんでもなかったからね。


さぁ、もう気がついたら八月も終わりに差し掛かっています。

えらいこっちゃ・・・

今日(25日)は、共同研究先の企業(最近デザイン重視で売り上げが好調なN自動車)とデスカッションでした。

この企業とのデスカッション(技術討論?)はいっつも思うのですが、長い・・・

まぁせっかく遠いところから来ていただいているので、いろいろ論議を繰り広げたいのはわかるのですが・・・

長いわ。

今日も結局4時間。

えー

しんどいねん。

ってか俺喋りっぱなしやから、しんどいねん。

ってかしんどいねん。

このデスカッション、当日だけがしんどいのかというとそうではない。

その準備も忙しい。

夏休み返上でこの一ヶ月がんばった。

で一昨日、助教授の先生と事前打ち合わせ。

なんとこれも3時間・・・

まぁ、ここではいろいろ助教授先生の知恵を頂くのですが・・・

やっぱそしんどいわ!

俺に夏休みを!!

(そーいえばN自動車の人、横浜から来てくれはったけど帰れたんかなぁ・・・新幹線止まってたで・・・わざわざスマソ)




ってことで、明日から夏休みを一週間ほど頂こうかと思います。

っていっても、予定0!

ゼロ!

ズェロ!

ゼロがイイ♪ ゼロになろう♪ もう一回!

いやや。

ゼロはさびすぃ・・・

なんか考えます。


話は変わりますが、この夏休みを堪能している友人が私の周りにはいます。

そして、その中でなぜか今年は富士登山に出かける人が多い。

Mt.Fuji

日本一の富士山。


まず、昨年までうちの研究室で実験してた後輩。

 → 動けるブタが登頂成功。

そしてその数日後、我が姉。

 → 休日は寝てばかりいる三十路前が登頂成功。

そしてGREE上の友人である来年からの同期の方々。

 → 写真を勝手に見てしまいました。登頂成功のようですね。

そして最近、高校の友人三人。

 → 野生児登頂成功。

 → てっちゃん登頂成功。

 → グルメ登頂成功。
 

皆さん、無事御来光を拝めたようでよかったですねぇ。

で、友人のブログで富士登山について書いていたので、私も真似にて書いてみます。

って言っても私が富士登山を敢行したのは3年位前やったかな?

まだ若かった頃w

実は今年もこの高校の連れには誘われてて、行きたかったのですが・・・

さっき書いたデスカッションの準備のためムリポですた・・・

行きたかった・・・



普通、一回登った人は二度と登りたくないと思うようなのですが、私もう当時のつらさは忘れてしまったので、再び今登頂できるのか確認したかったのです。

でも、これもかなわぬ夢。(大げさ)

ということで、ふるーい三年前の話です。

大学の友人と行ってきました。

車二台で、運転手二人・・・

俺ともう一人、行きも帰りもずっと運転・・・

はっきり言うて登山自体よりも運転がマジしんどかった!!

人生24年、振り返ってみてもいっちばんしんどかったと思います。

もう、帰りの帰宅間際なんて、意識飛んでましたわ・・・

こわい話しでっせ、ほんま。

数秒間でも黙ってしまうと完全に睡魔に負けてしまってたと思います。

いやぁ、無事に帰ってこれてヨカター。


あ、登山の話してない・・・


えーっと、夕方5時くらいに大阪を出まして、ずーーーーーっと運転して(はじめはテンション高かった!)、5合目に到着したのが23時半くらいやったかな。

けっこう遠いのね。

で、ちょっこす準備して登り始めたのがちょうど0時くらいだったと思います。

はじめは楽しく、話しながら登ってました。

登り始めてすぐくらいに上の方に明かりが見えて、六合目到着!!

ちょっこすテンションあがる。

でもでも、あんまり休むと体が休憩モードに入っちゃうので、休みもそこそこに再出発。

まだまだ、元気いっぱい。

道で出会う人たちに元気に挨拶しながら登っていく。

そして、またまた上に明かりが。

新7合目!!

わお!

じゅーんちょうっ!

で、やっぱり休憩もそこそこに出発。

そろそろ疲れも見えてきてます。

高山病ちっくな友人も一人・・・

でもまだまだ元気に登る。

で、再び上に明かりハケーン!!

八合目キター!!

ワーショイワーショイ

・・・



元祖・・・7合目・・・

んぁ!?

どぅーゆうこと!?

7の次は8じゃないの?

そんなこと小学生だって知ってるよね・・・

いっきにテンション下がりますた。

ここから先は足取り重く進んでいきます。

       (中略)

おお!

あれはまさに山頂か!!! (テンションダダ上がり)


(あ、もう9合目超えてますよ。皆さん着いて来てますか?)


疲れていた体に鞭打って、出来る限りダーーーーッシュ!!

俺いっちばぁーん!

と息荒げて乗り込んだそこに書かれていたのは!!!


テデッ

「9.5合目」



ぶべらッ

きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅ、きゅーてんごごーめぇー!

少数ぅ!

今までがっつり整数やったやぁーん!

・・・

これはマジで死ぬかと思いますた。


私、思いました。

富士登山がしんどい訳。

多分それは元祖7合目、9.5合目にあると思います。

これらを見つけたときのテンションの上がり具合と、そこからいっきにどん底に突き落とされる、この気持ちの落差こそが3776m以上のしんどさをもたらすのだと。



で、そんなこんなの試練を乗り越え頂上へ到着したら、そこにはさらなる試練が待っていました。

激レツに寒い!

氷点下キター

若かったためか、以上に元気だったためか弱冠早く登頂完了してしまったのが、仇となってしまいました。

朝日昇ってくるまで待たなあかん・・・

長いわ。

ってか寒いわ。


やっとこさあたりが明るくなってきて、とうとう御来光のお時間!

ゆっくり拝めるスポットで待っていると、とうとうやってきましたオテントサマ!

いつもは何気なく見ている太陽もここで見るのは一味も二味も違う。

まーーじ感動した。

キレイすぎた!

やばかった。

お日様の偉大さを痛感いたしました。

雲海から昇ってくるお日様を皆様もぜひともご覧ください。



ご来光を堪能した我々は即座に帰宅の途につきました。

激疲れているにも関わらず、テンションのあがった我々は走って下山しました・・・

下山途中、すれ違う登山者たちにはまさか私達が登頂を終え帰宅しているとは思っていないでしょう・・・

かなりあの時は元気でしたから。

すれ違う人みんなに

「こんちゃー!」

って言うてましたから。

んで、我々のなかの一番の元気っこは凄いスピードで駆けおりていき、上からみていると野うさぎの様でした・・・

あいつすごいわ・・・

富士山下山の日本記録ちゃうかなぁ。


下山後すぐに車に乗り込み、そのまま帰宅。

無睡眠富士登山。

そらしんどいわ。

さらに往復の運転。

ほんま無茶したわ。

元気やってんなぁ。俺。


まぁみなさんも是非とも昇ってみてください。

ではこのへんで。

さいなら。

(今回はかなり自己マンやったね。この調子で書きたいこと適当に書きます。それにしても長いなぁ・・・)
[PR]
# by shingo_iwatani | 2005-08-26 02:22 | しょーもない日常


たまに興味を持ったことについてダラダラ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のLINK
最新のトラックバック
皇室典範に関する有識者会..
from 悪の教典楽天市場店
タクマとスズカと渋滞と(2)
from Thinking time!
タクマとスズカと渋滞と(2)
from Thinking time!
才能ある人向け
from 芸能門
音楽
from 芸能門
フェチバトン
from あれこれ日記
スーパーサイズ・ミー 今..
from 猫姫じゃ
漫才師
from 『漫才師』情報
住む世界が違う人たちとの..
from あれこれ日記
「僕の彼女を紹介します」
from the borderland
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧