たまぁ~に更新、しょうもない日記



<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


フェチバトン

どうも、今TVで来年度入社する会社の新たな試み、新たな一歩について特集している番組を見て、あーだこーだ独り言を言うてる僕です。

いやぁ、高級車といえばLe○usといわれる時代がくるといいなぁ。

べ○ツやB○Wにもまけないブランド力、ネームバリューを勝ち取ってほしいです。

がんばれ!

あ、他人事や無かったわ・・・

まぁえっか。


では、今回は友達から廻ってきた? 無理やりまわしてもろたフェチバトンについて書いてみます。

そういえば、なんか音楽バトンとか恋愛バトンとか廻ってきてたけど実際に書いてみるのははじめてや。

時間があれば他のバトンについてもまた書いてみます。

って言うといて、書かないのが私。

忘れっぽいんだモーん。



では、さっそく。

赤裸々に答えなさいとのことですので、事実に基づいて正直に答えます。

ひかないでください・・・


■Q1■あなたは何フェチ?

A. お尻です。

世の中、おっぱい星人だとか足フェチだとかいう方いらっしゃいますが、私はお尻星人です!

弱冠恥ずかしいですが、はっきり言います。

お尻が好きです。

もちろん女性のねw

プリっとした小ぶりなオケツが大好物でゴザイマス。

私のお尻は肉付きが悪く、骨がとがっており、ものすごくこじんまりと収まっておりますが、自分では結構気に入っております。

ですから自分より小さく、かわいいお尻を求めてしまいます。

ここだけの話、彼女がいるときはお尻ばっかり触ってます。

それだけで癒されます。



■Q2■異性を見る時、まず何処を見る?

A. うーむ、そら顔ですわな。目を見てしまいます。

そのあとで、足元から上へ見上げていきます。

異性として意識しだしたら、お尻のチェックにも入ったりします。

一般的に初対面の異性を見るときなんかにお尻を凝視することはないですね (汗

人見知り激しいですから・・・

ここだけの話、形のいいお尻を見つけたら凝視してしまうこともあります。



■Q3■最近プッシュ出来る部位

A. 最近重点的に鍛えて、こんがり焼けた肩。

夏になれば体を鍛えだす私ですが、ここ最近は肩から背中にかけての部分を重点的に鍛えています。

今一番のりに乗ってる部分です。

こんな部分のフェチの人いませんよねぇ・・・

いましたらご一報ください。

あと、二の腕の変な筋肉がついているのですが、これもお気に入りです。

昔、中山きんに君がその部分をペシペシ叩いて、

「筋肉明太子!!」

っていうギャグをやっていた部位です。


■Q4■異性の好きな部位5つ

A. まぁお尻ですわな。

   目

   足首

   指
 
   腰


まず、お尻については先ほど述べた通りです。

次に目、これはいっちゃん始めに見る場所ですからね。

あまり力を持った目は好きじゃないですけど・・・

そして足首、これはキュッとしまってるのがBESTですね。

なんか足首とふくらはぎの区別の無い人っていますよね。 ちょっと勘弁です。

で、指。 指先にまで気を使ってる人がいいかも。 自分は深爪やし、毛ぇぼーぼーですけど・・・

そして腰、これも少し変態的ですけど、女豹のポーズをしたときの腰の部分のくびれが大好きです。 ハァハァ


実はこれらの部分は自分の体の部位で少し女性的な部分です。

目は黒目がちで、足首は細いです。

んで、指は細くて長いです。 よく「ピアノやってた?」って聞かれます。

腰は・・・最近はくびれてないです・・・


自分のこういう女性的な部分で、自分より優れているかどうかを見てしまいます。

で、好きな部分です。

ここだけの話、やっぱり胸も好きですけどね。 男には無いものですから・・・ 



■Q5■フェチを感じる衣装は?

A.  Gパン(細身・また上浅い)

基本的に下半身にフェチを感じるようです。 脚、お尻。

上半身は今の時期、タンクトップがBESTです。

ここだけの話、Tバックがたまらないですね。



■Q6■バトンを渡す5人

A. えーっと、アンチャソ、ダイチャソ、シンチャソ、イヌ、カズヤン、アダ2、kawatch、秦でそうでしょう?

あ、8人になってる・・・

えっか。

みなさんの正直な答え、変態的な答えに期待してます。



えー、今回いつもにない変態的な内容になってしまいました。

女性の方も見られていると思いますが、引かないでください。

私も男の子です。

ちょっとくらいは許してください。



これで視聴率減ったな・・・
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-31 00:08 | 自己マン

やっべ

なーんも書くこと無いのに書き始めてしもた・・・

やっべ。

でも、今月二回しか更新してないのでちょっとしときます。

よぉ考えたら、先月の米国出張~旅情編~を書くって言うといて書いてませんが、まぁめんどいので書きません。

そんなに面白いもんでもなかったからね。


さぁ、もう気がついたら八月も終わりに差し掛かっています。

えらいこっちゃ・・・

今日(25日)は、共同研究先の企業(最近デザイン重視で売り上げが好調なN自動車)とデスカッションでした。

この企業とのデスカッション(技術討論?)はいっつも思うのですが、長い・・・

まぁせっかく遠いところから来ていただいているので、いろいろ論議を繰り広げたいのはわかるのですが・・・

長いわ。

今日も結局4時間。

えー

しんどいねん。

ってか俺喋りっぱなしやから、しんどいねん。

ってかしんどいねん。

このデスカッション、当日だけがしんどいのかというとそうではない。

その準備も忙しい。

夏休み返上でこの一ヶ月がんばった。

で一昨日、助教授の先生と事前打ち合わせ。

なんとこれも3時間・・・

まぁ、ここではいろいろ助教授先生の知恵を頂くのですが・・・

やっぱそしんどいわ!

俺に夏休みを!!

(そーいえばN自動車の人、横浜から来てくれはったけど帰れたんかなぁ・・・新幹線止まってたで・・・わざわざスマソ)




ってことで、明日から夏休みを一週間ほど頂こうかと思います。

っていっても、予定0!

ゼロ!

ズェロ!

ゼロがイイ♪ ゼロになろう♪ もう一回!

いやや。

ゼロはさびすぃ・・・

なんか考えます。


話は変わりますが、この夏休みを堪能している友人が私の周りにはいます。

そして、その中でなぜか今年は富士登山に出かける人が多い。

Mt.Fuji

日本一の富士山。


まず、昨年までうちの研究室で実験してた後輩。

 → 動けるブタが登頂成功。

そしてその数日後、我が姉。

 → 休日は寝てばかりいる三十路前が登頂成功。

そしてGREE上の友人である来年からの同期の方々。

 → 写真を勝手に見てしまいました。登頂成功のようですね。

そして最近、高校の友人三人。

 → 野生児登頂成功。

 → てっちゃん登頂成功。

 → グルメ登頂成功。
 

皆さん、無事御来光を拝めたようでよかったですねぇ。

で、友人のブログで富士登山について書いていたので、私も真似にて書いてみます。

って言っても私が富士登山を敢行したのは3年位前やったかな?

まだ若かった頃w

実は今年もこの高校の連れには誘われてて、行きたかったのですが・・・

さっき書いたデスカッションの準備のためムリポですた・・・

行きたかった・・・



普通、一回登った人は二度と登りたくないと思うようなのですが、私もう当時のつらさは忘れてしまったので、再び今登頂できるのか確認したかったのです。

でも、これもかなわぬ夢。(大げさ)

ということで、ふるーい三年前の話です。

大学の友人と行ってきました。

車二台で、運転手二人・・・

俺ともう一人、行きも帰りもずっと運転・・・

はっきり言うて登山自体よりも運転がマジしんどかった!!

人生24年、振り返ってみてもいっちばんしんどかったと思います。

もう、帰りの帰宅間際なんて、意識飛んでましたわ・・・

こわい話しでっせ、ほんま。

数秒間でも黙ってしまうと完全に睡魔に負けてしまってたと思います。

いやぁ、無事に帰ってこれてヨカター。


あ、登山の話してない・・・


えーっと、夕方5時くらいに大阪を出まして、ずーーーーーっと運転して(はじめはテンション高かった!)、5合目に到着したのが23時半くらいやったかな。

けっこう遠いのね。

で、ちょっこす準備して登り始めたのがちょうど0時くらいだったと思います。

はじめは楽しく、話しながら登ってました。

登り始めてすぐくらいに上の方に明かりが見えて、六合目到着!!

ちょっこすテンションあがる。

でもでも、あんまり休むと体が休憩モードに入っちゃうので、休みもそこそこに再出発。

まだまだ、元気いっぱい。

道で出会う人たちに元気に挨拶しながら登っていく。

そして、またまた上に明かりが。

新7合目!!

わお!

じゅーんちょうっ!

で、やっぱり休憩もそこそこに出発。

そろそろ疲れも見えてきてます。

高山病ちっくな友人も一人・・・

でもまだまだ元気に登る。

で、再び上に明かりハケーン!!

八合目キター!!

ワーショイワーショイ

・・・



元祖・・・7合目・・・

んぁ!?

どぅーゆうこと!?

7の次は8じゃないの?

そんなこと小学生だって知ってるよね・・・

いっきにテンション下がりますた。

ここから先は足取り重く進んでいきます。

       (中略)

おお!

あれはまさに山頂か!!! (テンションダダ上がり)


(あ、もう9合目超えてますよ。皆さん着いて来てますか?)


疲れていた体に鞭打って、出来る限りダーーーーッシュ!!

俺いっちばぁーん!

と息荒げて乗り込んだそこに書かれていたのは!!!


テデッ

「9.5合目」



ぶべらッ

きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅ、きゅーてんごごーめぇー!

少数ぅ!

今までがっつり整数やったやぁーん!

・・・

これはマジで死ぬかと思いますた。


私、思いました。

富士登山がしんどい訳。

多分それは元祖7合目、9.5合目にあると思います。

これらを見つけたときのテンションの上がり具合と、そこからいっきにどん底に突き落とされる、この気持ちの落差こそが3776m以上のしんどさをもたらすのだと。



で、そんなこんなの試練を乗り越え頂上へ到着したら、そこにはさらなる試練が待っていました。

激レツに寒い!

氷点下キター

若かったためか、以上に元気だったためか弱冠早く登頂完了してしまったのが、仇となってしまいました。

朝日昇ってくるまで待たなあかん・・・

長いわ。

ってか寒いわ。


やっとこさあたりが明るくなってきて、とうとう御来光のお時間!

ゆっくり拝めるスポットで待っていると、とうとうやってきましたオテントサマ!

いつもは何気なく見ている太陽もここで見るのは一味も二味も違う。

まーーじ感動した。

キレイすぎた!

やばかった。

お日様の偉大さを痛感いたしました。

雲海から昇ってくるお日様を皆様もぜひともご覧ください。



ご来光を堪能した我々は即座に帰宅の途につきました。

激疲れているにも関わらず、テンションのあがった我々は走って下山しました・・・

下山途中、すれ違う登山者たちにはまさか私達が登頂を終え帰宅しているとは思っていないでしょう・・・

かなりあの時は元気でしたから。

すれ違う人みんなに

「こんちゃー!」

って言うてましたから。

んで、我々のなかの一番の元気っこは凄いスピードで駆けおりていき、上からみていると野うさぎの様でした・・・

あいつすごいわ・・・

富士山下山の日本記録ちゃうかなぁ。


下山後すぐに車に乗り込み、そのまま帰宅。

無睡眠富士登山。

そらしんどいわ。

さらに往復の運転。

ほんま無茶したわ。

元気やってんなぁ。俺。


まぁみなさんも是非とも昇ってみてください。

ではこのへんで。

さいなら。

(今回はかなり自己マンやったね。この調子で書きたいこと適当に書きます。それにしても長いなぁ・・・)
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-26 02:22 | しょーもない日常

どうも、盆の強制休暇を楽しみきれていない僕です。

ぼーっとしてる。

墓参りがメイン。

それ以外はぼーっとしてる。



やばいです。

まじやばいです。

どーしょ。

私の中の乗り越えなくてはならない大きな壁が迫ってきております。

越えられるでしょうか。

結構やばいです。



フリはここまでにして、何がやばいのか?

何が壁なのか?

・・・

そう。


飽き


・・・

今年の初め、

「今年はなにか新しいことを始めよう」

と思って始めたこの

「たまぁ~に更新、しょうもないブログ」

ですが、現在8ヶ月目、更新数56。

一月平均7つ、4,5日に一回更新という「たまぁ~に」というスタンスをとってきました。



ここ最近の更新の数の少なさ・・・

少なさフゥー

・・・

やってきてしまいました。

8ヶ月目にしてとうとう・・・

私の飽き性。

三日坊主。

続かない症候群。


私、ほんまに飽き性です。

例えば。。。

RPG(ロールプレイングゲーム)をクリアしたことがない・・・

ドラクエ、FFといろいろありますよね。

周りの友達が、なんや呪文やら道具の名前やらよーわからんこと言うてますが、まったく着いていけません。

だって知らんもん。

やったこと無いもん。


レベルアップて・・・

同じことの繰り返しやん、おもんない。

ダンジョンて・・・

ボスまで長いねん。

同じとこぐるぐる回らせやがって、おもんない。

何時間かかんねん!

ゲームは一日2時間までってきまってるでしょ!

・・・

あかん、また話がそれだした。

修正、修正。

えーっと、そんなわけで、私は飽き性です。

もうひとつゲームについて言うときますと、ゲーム機(ファミコン、プレステとか)一種類に対してソフトを一つか二つくらいしか持ってません。

私がもっている(持っていた)ゲーム機はスーファミ、プレステ、プレステ2ですが、それぞれに対して2つ(SFC)、2つ(PS)、3つ(PS2)しかソフト持ってません。

「ゲーム一日2時間」どころか、やり始めても1時間で飽きます。

ってかそのことをわかっているので、たった1時間のためにゲーム機をセッティングするのがめんどいので、ほっとんどやりません。

はっきりいうて宝の持ち腐れ、もったいないです・・・

PS2はDVDを見るためにしか使いません・・・

はぁ。

どーしようもない・・・


そんな私が一番続けていることを考えてみたところ、なんとその答は・・・


学生


でした。

小学生6年間。

中学生3年間。

高校生3年間。

予備校生1年間。

大学生4年間。

大学院生2年間。

実に19年間も学生続けとります。

友人の多くはもう社会に旅立ってるというのに・・・

こんなことしか続けておりません・・・


そう考えると、今回は長く同じスタンスを保ってこれた方だと思います・・・

う~む。

だめだ。

こんなこっちゃだめだ!

がんばってこれからも更新していきます。

でもねぇ、ネタないんですわ。

ここで

これを読んでる方で、自分のブログを書いている方に質問です。

みなさんは毎日(じゃないかも・・・)のブログのテーマ、何について書こうとするのか、どうやって決めてはります?

今までは特になぁんも考えずに決めて書き始めて、いっつもダラダラと長いこと書いてきましたが、一旦こういうことを考え出すとワケわからんようになってしまいました・・・

私の飽き性という欠点を克服させてください。

お願いします。

コメント待ってます。

でぱ。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-15 16:21 | しょーもない日常

PL (パーフェクトリバティ) 花火芸術

どうも、10日ほど前に解放されて、もうすでに次の締め切りに追われる日々を送らねばならないのに、だらだらと毎日を過ごす僕です。

今月末に共同研究先とデスカッションです。

結果をださねばなりませぬ・・・

追い込まれつつありますが、まだまだ危機感が薄ぅございます。

夏の暑さに気持ちまで溶けてしまいそうです・・・


と、連日連夜ぼやいておりますが、こうぼやいてても仕方が無い。

そこで、気分転換に花火を見てきますた ( ゚ρ゚ )アウー

それも日本一の花火大会である 


PL花火大会!!



   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(#`Д´)ノ  ランタ タン!
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン!


関西にお住まいの方はもちろんご存知だと思います。

それ以外の方でも聞いたことくらいはあるんではないでしょうか?

何が日本一かと申しますと・・・

数、カズ、キングカズ!

な、な、なんと12万発!! 


    (・ )(・ )  ウヒョー!
     \\\\
     ヽ(*∀* )/

12発ちゃうで、12マンやで!

12マンて・・・

おーすぎや。

見に行かれたことがある人はその凄さをご存知かと思われますが、マジで多いです。

関西を代表する花火大会で他に淀川花火大会ってのもありますが、淀川で2万発。

あれでも十分楽しめるのに、それでも2万発。

されど2万発。


PL、淀川の6倍。

 淀川 × 6 = PL

時間はどちらも一時間くらい。

ってことは・・・

密度 こっ!

PL 濃!




前置きはここらにして、いってきましたYO! (゚Д゚)ウボァー

実はこのPL花火大会、大阪の南の方のド田舎(スティーブン&たけぼん、ごめん)で行なわれるんですが、毎年観覧客が相当な数になるため見に行っても帰ってくるのが至難の業。

ある人は言った、

「行きは30分で行けたのに、帰りは4時間かかった・・・」

え? 8倍・・・

各種交通機関を使っても、圧死する勢いらしいです・・・


でもでもでもでも!

な、な、なんと、私の友人にはそのド田舎に住む人がいたのです!! ( ・∀・ )

ヤター

で、これが何の得なのか?

そこに友達が住んでても、帰り道の込み具合はかわらんやろ。

・・・

まぁそーなんですが・・・

実は花火大会当日は夕方からその付近一帯、一般車両が進入禁止になっちゃうんですねぇ。

でも、そこに友人宅があれば許可証をレンタルして、まんまと侵入できちゃうんですねぇww

そこら辺付近は車でやってくる人も少なく、道が空くまで友人宅でゆっくりと待っていられる。

なんともお得なこのコース!

たまりまへんな。

持つべきものは友人です。


実はこのスペシャルコース、私一昨年にも体験しております <`∀´ >

モーサイコー

でも、もっとサイコーなのは俺の車でそこまで送迎していただける、他の友人たちなのでしょうが、
それは言わないでおきます・・・

俺、行きも帰りも数時間にわたって運転・・・

まぁそれはしゃーない。

許す。


で、そのコースで今年も行って来たのです!

さてそろそろ本題です。

なぜに、ここまで引っ張ってきたかと申しますと・・・

花火の素晴らしさを言葉で表現することができない!!

実際見てもらわないと伝わらない!

とりあえず、俺なりの表現でまとめておきます。


では


キレイやったー  ( ゚Д゚)

おーかったー   ( ・∀・)
  
おっきかったー   ( ̄ェ ̄)

ド迫力やったー   (゚∀゚)

たまらんかったー   (`Д´)

どっかんどっかんやったー   ( ´ー`)
     
近かったー   (*゚ー゚) 

重低音が体中をつたわってきたー   (゚っ゚ )

すずしかったー   (*^∀^)

風流やったー   (・。・)

人多かったー   (´<_` )

楽しかったー   (゚0゚)




いやぁ、マジでお勧めです。

って言うても年に一回なので、来年まで待ってもらわないといけませんが・・・

来年から愛知県に移り住む私にとっては、今年が最後になるでしょうけど、いい思い出になりました。



そこに住んでて、昔っからこの花火大会を間近に感じてきた友人に言わせれば、他の花火大会はしょぼいらしいです。

たしかにね。

ここいらでいっちゃんでかい、そして多くの人が集まる淀川でも6分の1やもんね。


ま、でもほかの花火大会にもいいところはあるでしょう。

数が多けりゃいいってもんじゃないですからね。

一発一発を大事にキレイに魅せる

それも花火師にとってはひとつの魅せ方なのかもしれませんしね。

今週末に行く花火大会も、そんな気持ちで臨もう。

うんうん。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-04 00:31 | 自己マン


たまに興味を持ったことについてダラダラ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31