たまぁ~に更新、しょうもない日記



カテゴリ:自己マン( 13 )


トントン バトントーン (レッド風)

どうも、実験の結果がでず修論書けるんかなぁとマジで凹んでる僕です。

出ないんです・・・

どんだけ頑張っても、いい結果が・・・

どうしましょう・・・

「いろいろやってきましたが、できませんでした・・・」

っていう、しょーーーーーーーーーーもない修論になってしまいそうです・・・

凹みます。

これから3ヶ月、死ぬ気で結果出しにかからないといけません・・・




と、いきなり愚痴ってしまいました。

そんなん知らんがな!

とお思いの皆様!



・・・

その通りです。

俺が悪いんです。

皆様は何も悪くないですし、関係ありません・・・

スンマソン





えー、最近GREEやら、mixiで内定者のリンクが増えて、新着日記が毎日更新されているのを見て、

「みんなスゲー(゚Д゚)」

とひそかに感心している今日この頃。

みんな結構頻繁に更新してるのねぇ。

えらいねぇ。

俺なんか、タイトルの通り たまぁ~に ですわ。

ネタないしね・・・


で、みんなのブログ(日記)見てると、結構バトン系が多い。

数ヶ月前は結構まわってきてたんやけど・・・

フェチバトンとか、音楽バトンとか・・・etc

最近は、俺がこのバトン達に便乗しないためか、あんまりまわって来ない・・・( ̄ェ ̄)

まぁ、ええんやけど・・・



で、今回はネタがないのでこのバトン達を自分で拾って、勝手にやっちゃいます。

別に興味ないと思いますが、自己マンでやってみます。

お付き合いのほど、よろしゅーに。



まず、異性になりきって答えるバトン

・・・なんじゃこりゃ?

とりあえず。


Q1:朝起きて最初にすることは?

A: シャワーを浴びる。
   たとえ女でも朝が弱いのには変わりないと思います。
   目を覚ます意味でも寝起きシャワーは欠かせません。

Q2:あなたの職業(学校)はなんですか?それはどんな仕事(授業)の内容ですか?

A: さすがにこの年で女やったら働いてるやろなぁ。
   何やってるやろ?
   子供好きやから、たぶん保母さんみたいなのになってると思います。
   そうでなければ、主婦?? みたいな。
 
Q3:どんな相手と付き合ってみたいですか?

A: これはどんな男の人がいいかってことかな?
   うーむ、想像できんけど、今の俺ではないことは確実。
   こんな奴と付き合いたくないです。
   あ、今の彼女に失礼かな・・・スマソ
   男であろうと女であろうと、自分に無いものを持ってる人と付き合いたいですね。

Q4:自分の自慢できるところはどこですか?具体的に。

A: 目(デカ黒目)
   足首(細)
   指(細長)

Q5:どんな格好をしてみたいですか?

A: これはマジでわからん・・・
   女の子の格好はよくわからん・・・
   うーむ、古着とかラフな格好がええかな?
   女の子やったらデニムは似合うのでしょうか・・・(`Д´)

Q6:どこに行ってみたいですか?

A: 女の子目線でコンパに行ってみたいかもw
   これまでの自分のコンパでの行動が、正解だったのか!?不正解だったのか!?
   知りたい!!

Q7:もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら、
   その異性となった自分と付き合ってみたいですか?


A: 異性となった自分と今の自分は付き合えるか?
   ムリポ

Q8:このまま生まれ変わったままでいたいですか?それとも元に戻りたいですか?

A: やっぱ男の方がええかな。
   でも、女の子やったらトイレでう○こしてるかおしっ○してるかわからんからええよねぇ・・・
   俺、ちっさ・・・




こんな感じでした。

続きまして、結婚バトン。


Q1:結婚したい?

A: したいですなぁ。
   私、あふぉなのか誰かと付き合うといつも結婚のことを考えてしまいます。
   でも、相手はそんなこと考えておらずいつもフラレた時人一倍凹むのですが・・・(T T)

Q2:何歳で結婚したい?

A: 何歳でしたいってのは特に無いです。
   小さい頃描いていた25歳(現在)では、結婚してたはずなのですが・・・
   子供のことを考えると、若いパパになってあげたいので早く結婚したいですね。
   やいや言うておりますが、未だに学生やってます orz

Q3:結婚相手に求めるものは?

A: 浮気しない。
   マジで凹むからやめて・・・

Q4:子供は何人欲しい?

A: 一姫二太郎でしょう!
   男女一人ずつほしいね。
   で、最初っから男の子はきついからねぇ。
   男の子は二人目で。

Q5:結婚後、相手の浮気が発覚しちゃった。どうする?

A: まじで凹む・・・
   寝込む。
   全然生産的な行動ではありませんが・・・

Q6:夫婦円満の秘訣は何だと思う?

A: なんやろ?
   スキンシップかな?
   夫婦になったからでもデートに出かけることとかw

Q7:結婚したら仕事やめる?相手にやめて欲しい?

A: 自分は辞めないでしょうね。
   相手の仕事についてはこだわりません。
   続けたければ続ければいいし、やめたければ辞めればいい。
   夫婦二人ともが働かないと生活が苦しいなんて状況に陥らなければ・・・   ないよね(汗

Q8:結婚生活に求めるものは?

A: やっぱり安心感と癒しかな。
   帰る場所がある安心感と、帰れば心休まるという癒し。
   自分も相手にとっての癒しになるように頑張らねば!

Q9:新婚旅行は何処行きたい?

A: どこやろ?
   嫁さんとならどこ行っても楽しい気がします。 なんて。
   マチュピチュとかw

Q10:結婚式は派手にやりますか?(注:自問自答形式です)

A: 結婚式は女の子(花嫁)のものだと思っているので、相手の意向に任せます。
   でも、あんまり派手な結婚式になったら俺が暴走してしまうかも・・・
   自分の結婚式でも、やっちゃうかも・・・



こんな感じでしょうか?

えー最後に、KISSバトン。

これはマジではずかしいので、見ないでください!

放送禁止です。




Q1.キスする時、どの瞬間が一番ドキドキしますか?

うひょー! はずい!
一番ドキドキってか、ずっとドキドキしてる!
その中でも特に触れ合う瞬間と相手が自分に唇を委ねてきた瞬間。グフフ

あーさぶ・・・


Q2.どちらからその距離を縮めますか?

えー!
そんなん、その時々じゃない?
まぁ、でも基本的に俺からかな。ムフフ

あーさっぶい・・・


Q3.深いキスと軽いキス、どちらが好きですか?

そらぁーねぇw
どっちも好きですよ。
ってか、一回のKISSでどっちも組み合わせていくのでねぇ。アハハ

あーはっず!


Q4.唇以外にキスされて好きなところはありますか?

いやぁ、口でしょ、やっぱそ。
自分が相手の口以外にするのは好きですけど・・・ウヒョー

あー、俺死んだらええのに・・・

´_ゝ`)

Q5.どんなシチュエーションでキスするのが好きですか?

シチュエーションですか・・・
うーむ?
これはよぉわかりません。
夜景を見ながらとか?
相手を後ろから抱きしめて、相手が振り向いたところでするとか・・・ムヒョー

俺、テラキモス










今日はここまで、バーイセンキュー (とんねるず)
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-10-25 02:25 | 自己マン

ルーブル美術館展

どうも、9月に入って涼しくなるかなぁと淡い期待を寄せており、みごとに打ち砕かれ身も心も溶けている僕です。

えー、今日は平日ですが夏休みを勝手にいただいており、ルーブル美術館展にいってまいりました。

突然ですが、私実は美術館とか好きです。

・・・

うそーん! (゚⊿゚)

と思った方、ぎょーさんおると思います。

でも、結構芸術に興味があったりするんですねぇ。

なかなかハイソな趣味でげしょ?

まだ信じてない方が多くいらっしゃると思いますが・・・

進めます。



結構前から京都の市立美術館でやってたのですが、本日なんとなく行ってみました。

いやぁ。

満喫w


確かにぃ、

「こんなクソガキに美術作品の何がわかるねん!」

といわれても仕方ないと思います。(年配の方々が多かったです。)

実際、あんまわかりません。(´Д`;)

予備知識もなぁーんもないです。

ルーブル美術館の「ル」の字も知りません。(゚ж゚)

・・・

でも、自分の中の美的感覚、芸術を感じようとする心があればそれでいいじゃない。

と思います。


ここで、私のなかの基準、この作品はすごいなぁと思う基準を示します。

風景画の場合

 → キャンバスに書かれている情景以上の景色、周りの風景が浮かんでくるような作品

 → そこに描かれている情景が一般的。
   (身近とまでは言いません・・・外国が多いですから)
    それでいて、描かれている人物の表情がいきいきとしている。


歴史画の場合

 → その歴史の1ページの裏に隠された情景が暗に描かれている。(人間関係とか)

 → とても躍動的に描かれている。


肖像画の場合

 → その人それぞれの個性が描かれている。
   (その人の地位やら権威なりが象徴的に描かれている)



まぁ、なに言うてるかよくわかりませんが、こんな感じです。

感覚的なことですから言葉で伝えるのってむつかしい・・・



さらに、私の絵画を見るときのスタンス。

 → まず、2mほど離れて凝視。

 → 3分ほど全体を眺めて、作品の全体としての美しさを堪能。

 → 近づいて凝視。

 → これまた3分ほど、いろいろな部分の詳細を観察。

 → 再び少し離れ凝視。

 → ここで、細部の情報などから作品の広がり、創造性を楽しむ。

 → 終了。 次の作品へ




最後に今日見てきた絵画の感想を少し・・・

様々な作品で裸身の女性が描かれていましたが、すべてが美しく、当時の美の象徴とされているんだろうなぁと思った。

皆それぞれの美しさがあるのだけど、皆彫刻のような造形美をもっており、それだけではなく顔はかなりはっきりとしたタッチで描かれているためイキイキとした感じをうけました。

単に、彫刻的な美しさではなく「生」、「魂」をもった人間的な美しさも同時に感じることが出来ました。

また、肖像画の中にナポレオン・ボナパルトが派手な衣装に包まれてその威厳を示すかのような作品がありましたが、その表情たるや周りの装飾品を圧倒する堂々としたもので、彼の地位、威厳をこわいくらい強く感じました。

風景画もとても広がりというか想像力をかきたてられるものばかりで、とてもよかったです。



いろいろ自己マン的に書いてきました。

今日はマジおもんないですね。

でも、満足。

最後に注意として、

「もし、私と美術館等にいく機会があっても、断わった方がいいです。」

えー、私いっしょに行った人放置します。

これは確実です。

今日もいっしょに行った人を2時間ほど放置しました。

しかも、その人はあまり美術館には興味がないご様子・・・

スマソ

ぁぁ、俺って罪なおとこ。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-09-03 00:11 | 自己マン

バトン 第二弾

どうも、最近友人の恋模様がうまく転がっているようでとてもとてもうれしい僕です。

えーっと、見てますか?○○チャソ、おまいの事でつよ。



前回フェチバトンなるものを書きましたが、今回はミュージックバトンっちゅーもんにチャレンジしてみます。

これは、だーーいぶ前に廻ってきたやつなんですけど、書いてみます。

ネタぎれ感満載でしょ( ´∀`)


そーいえば前回のフェチバトン、数人の方にコメントいただきましたが、裏に隠された私の本音を読み取った方はいるんでしょうか??

あれはちょっと見られるとマジで引かれそうですね・・・(;´Д`)



えー、では。

質問1.コンピュータに入ってる音楽の容量は?

えーよくわかりませんが、4~5GBくらいかな。

学校で使ってるデスクトップと普段つかってるノートの二台のPCで、それぞれに別のものがはいってるので、よくわかりません。

質問2.今聞いている音楽は?

えー、これは最近よく聞く音楽って意味でしょうかね?

今よく聞いてるのはぁ・・・

Black Eyed Peas の "Monkey Business"

とぉ

Block Party の "Silent Alarm"

とかかなぁ。

あ、曲名やなくてアルバムの名前書いてもた。

ま、えっか。


質問3.最後に買ったCDは?

えー記憶にございません。

CDって買わないもんですから。

基本的に友達からかき集めています。

俺、せこ!



質問4.よく聞く、もしくは思い入れのある5曲

えー、わからん・・・

よく聞く・・・

なんとなく気に入ってるのが

Blink182 の "Always"

Slipknot の "Duality"

Red Hot Chili Peppers の "by the way"

ケツメイシ の "さくら"

RIP SLYME の "Stepper's Delight"

かなぁ。

浮かんだものを適当に書きました。

基本的にHip Hop以外ならなんでも聞きます。

よく耳にするというなら、いろいろな映画で使われている

Village People の "Macho Man"

マッチョーマッチョマーン♪って歌です。

思い入れのある曲・・・

B'z の "You and I"

内容にはふれません・・・


質問5.自分の好きな異性のタイプは?

え?

関係ないやん・・・

まぁ答えますけど・・・

よく言われる言葉で使い古されている言葉ですけど

”好きになった人がタイプです。”

・・・

サブイ(゜д゜)



これまで好きになた人を思い出して共通点を探すと、いくつかあるもんですねぇ。

まず、小さい。

そして、猫顔。

んで、細身。


まだまだありそうですけど、とりあえずこんなもんで。

そんなに条件をつけれるほどイイ男でもないですからね・・・

はぁ。



質問6.今行きたい所は?

一番は沖縄とか南の島!

今は宮古島にいきたい!!

あと、北なら知床! 

やっぱそ大自然と戯れたい!!

海外で言うたらチュキカマタとかマチュピチュとか。

あー今年の夏休みは満喫できんかったなぁ・・・

学生最後やのに・・・

くっそ!!




まぁ、こんな感じです。

私、基本的に聴覚的に訴えかけてくるものより、視覚的に訴えてくる媒体の方が好きなので、あまり音楽について詳しくありません。

ちゅーと半端な記事になってしまいましたね・・・

今回はこれくらいで。

では、また。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-09-02 00:11 | 自己マン

フェチバトン

どうも、今TVで来年度入社する会社の新たな試み、新たな一歩について特集している番組を見て、あーだこーだ独り言を言うてる僕です。

いやぁ、高級車といえばLe○usといわれる時代がくるといいなぁ。

べ○ツやB○Wにもまけないブランド力、ネームバリューを勝ち取ってほしいです。

がんばれ!

あ、他人事や無かったわ・・・

まぁえっか。


では、今回は友達から廻ってきた? 無理やりまわしてもろたフェチバトンについて書いてみます。

そういえば、なんか音楽バトンとか恋愛バトンとか廻ってきてたけど実際に書いてみるのははじめてや。

時間があれば他のバトンについてもまた書いてみます。

って言うといて、書かないのが私。

忘れっぽいんだモーん。



では、さっそく。

赤裸々に答えなさいとのことですので、事実に基づいて正直に答えます。

ひかないでください・・・


■Q1■あなたは何フェチ?

A. お尻です。

世の中、おっぱい星人だとか足フェチだとかいう方いらっしゃいますが、私はお尻星人です!

弱冠恥ずかしいですが、はっきり言います。

お尻が好きです。

もちろん女性のねw

プリっとした小ぶりなオケツが大好物でゴザイマス。

私のお尻は肉付きが悪く、骨がとがっており、ものすごくこじんまりと収まっておりますが、自分では結構気に入っております。

ですから自分より小さく、かわいいお尻を求めてしまいます。

ここだけの話、彼女がいるときはお尻ばっかり触ってます。

それだけで癒されます。



■Q2■異性を見る時、まず何処を見る?

A. うーむ、そら顔ですわな。目を見てしまいます。

そのあとで、足元から上へ見上げていきます。

異性として意識しだしたら、お尻のチェックにも入ったりします。

一般的に初対面の異性を見るときなんかにお尻を凝視することはないですね (汗

人見知り激しいですから・・・

ここだけの話、形のいいお尻を見つけたら凝視してしまうこともあります。



■Q3■最近プッシュ出来る部位

A. 最近重点的に鍛えて、こんがり焼けた肩。

夏になれば体を鍛えだす私ですが、ここ最近は肩から背中にかけての部分を重点的に鍛えています。

今一番のりに乗ってる部分です。

こんな部分のフェチの人いませんよねぇ・・・

いましたらご一報ください。

あと、二の腕の変な筋肉がついているのですが、これもお気に入りです。

昔、中山きんに君がその部分をペシペシ叩いて、

「筋肉明太子!!」

っていうギャグをやっていた部位です。


■Q4■異性の好きな部位5つ

A. まぁお尻ですわな。

   目

   足首

   指
 
   腰


まず、お尻については先ほど述べた通りです。

次に目、これはいっちゃん始めに見る場所ですからね。

あまり力を持った目は好きじゃないですけど・・・

そして足首、これはキュッとしまってるのがBESTですね。

なんか足首とふくらはぎの区別の無い人っていますよね。 ちょっと勘弁です。

で、指。 指先にまで気を使ってる人がいいかも。 自分は深爪やし、毛ぇぼーぼーですけど・・・

そして腰、これも少し変態的ですけど、女豹のポーズをしたときの腰の部分のくびれが大好きです。 ハァハァ


実はこれらの部分は自分の体の部位で少し女性的な部分です。

目は黒目がちで、足首は細いです。

んで、指は細くて長いです。 よく「ピアノやってた?」って聞かれます。

腰は・・・最近はくびれてないです・・・


自分のこういう女性的な部分で、自分より優れているかどうかを見てしまいます。

で、好きな部分です。

ここだけの話、やっぱり胸も好きですけどね。 男には無いものですから・・・ 



■Q5■フェチを感じる衣装は?

A.  Gパン(細身・また上浅い)

基本的に下半身にフェチを感じるようです。 脚、お尻。

上半身は今の時期、タンクトップがBESTです。

ここだけの話、Tバックがたまらないですね。



■Q6■バトンを渡す5人

A. えーっと、アンチャソ、ダイチャソ、シンチャソ、イヌ、カズヤン、アダ2、kawatch、秦でそうでしょう?

あ、8人になってる・・・

えっか。

みなさんの正直な答え、変態的な答えに期待してます。



えー、今回いつもにない変態的な内容になってしまいました。

女性の方も見られていると思いますが、引かないでください。

私も男の子です。

ちょっとくらいは許してください。



これで視聴率減ったな・・・
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-31 00:08 | 自己マン

PL (パーフェクトリバティ) 花火芸術

どうも、10日ほど前に解放されて、もうすでに次の締め切りに追われる日々を送らねばならないのに、だらだらと毎日を過ごす僕です。

今月末に共同研究先とデスカッションです。

結果をださねばなりませぬ・・・

追い込まれつつありますが、まだまだ危機感が薄ぅございます。

夏の暑さに気持ちまで溶けてしまいそうです・・・


と、連日連夜ぼやいておりますが、こうぼやいてても仕方が無い。

そこで、気分転換に花火を見てきますた ( ゚ρ゚ )アウー

それも日本一の花火大会である 


PL花火大会!!



   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(#`Д´)ノ  ランタ タン!
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン!


関西にお住まいの方はもちろんご存知だと思います。

それ以外の方でも聞いたことくらいはあるんではないでしょうか?

何が日本一かと申しますと・・・

数、カズ、キングカズ!

な、な、なんと12万発!! 


    (・ )(・ )  ウヒョー!
     \\\\
     ヽ(*∀* )/

12発ちゃうで、12マンやで!

12マンて・・・

おーすぎや。

見に行かれたことがある人はその凄さをご存知かと思われますが、マジで多いです。

関西を代表する花火大会で他に淀川花火大会ってのもありますが、淀川で2万発。

あれでも十分楽しめるのに、それでも2万発。

されど2万発。


PL、淀川の6倍。

 淀川 × 6 = PL

時間はどちらも一時間くらい。

ってことは・・・

密度 こっ!

PL 濃!




前置きはここらにして、いってきましたYO! (゚Д゚)ウボァー

実はこのPL花火大会、大阪の南の方のド田舎(スティーブン&たけぼん、ごめん)で行なわれるんですが、毎年観覧客が相当な数になるため見に行っても帰ってくるのが至難の業。

ある人は言った、

「行きは30分で行けたのに、帰りは4時間かかった・・・」

え? 8倍・・・

各種交通機関を使っても、圧死する勢いらしいです・・・


でもでもでもでも!

な、な、なんと、私の友人にはそのド田舎に住む人がいたのです!! ( ・∀・ )

ヤター

で、これが何の得なのか?

そこに友達が住んでても、帰り道の込み具合はかわらんやろ。

・・・

まぁそーなんですが・・・

実は花火大会当日は夕方からその付近一帯、一般車両が進入禁止になっちゃうんですねぇ。

でも、そこに友人宅があれば許可証をレンタルして、まんまと侵入できちゃうんですねぇww

そこら辺付近は車でやってくる人も少なく、道が空くまで友人宅でゆっくりと待っていられる。

なんともお得なこのコース!

たまりまへんな。

持つべきものは友人です。


実はこのスペシャルコース、私一昨年にも体験しております <`∀´ >

モーサイコー

でも、もっとサイコーなのは俺の車でそこまで送迎していただける、他の友人たちなのでしょうが、
それは言わないでおきます・・・

俺、行きも帰りも数時間にわたって運転・・・

まぁそれはしゃーない。

許す。


で、そのコースで今年も行って来たのです!

さてそろそろ本題です。

なぜに、ここまで引っ張ってきたかと申しますと・・・

花火の素晴らしさを言葉で表現することができない!!

実際見てもらわないと伝わらない!

とりあえず、俺なりの表現でまとめておきます。


では


キレイやったー  ( ゚Д゚)

おーかったー   ( ・∀・)
  
おっきかったー   ( ̄ェ ̄)

ド迫力やったー   (゚∀゚)

たまらんかったー   (`Д´)

どっかんどっかんやったー   ( ´ー`)
     
近かったー   (*゚ー゚) 

重低音が体中をつたわってきたー   (゚っ゚ )

すずしかったー   (*^∀^)

風流やったー   (・。・)

人多かったー   (´<_` )

楽しかったー   (゚0゚)




いやぁ、マジでお勧めです。

って言うても年に一回なので、来年まで待ってもらわないといけませんが・・・

来年から愛知県に移り住む私にとっては、今年が最後になるでしょうけど、いい思い出になりました。



そこに住んでて、昔っからこの花火大会を間近に感じてきた友人に言わせれば、他の花火大会はしょぼいらしいです。

たしかにね。

ここいらでいっちゃんでかい、そして多くの人が集まる淀川でも6分の1やもんね。


ま、でもほかの花火大会にもいいところはあるでしょう。

数が多けりゃいいってもんじゃないですからね。

一発一発を大事にキレイに魅せる

それも花火師にとってはひとつの魅せ方なのかもしれませんしね。

今週末に行く花火大会も、そんな気持ちで臨もう。

うんうん。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-08-04 00:31 | 自己マン

自己マン映画日記

どうも、たまにはまじめなお話をしたいと思い、前々回のブログには偉そうなことを書いてしまった僕です。

さらに、それが少し恥ずかしくて、しょーーーーもない日記(前回)で隠そうとした僕です。

今日は、親父が借りてきた映画をちょっくら拝借いたしました。

今日のテーマは・・・



「僕の彼女を紹介します。」  テデッ(効果音)



まさか親父がこんなラブコメを借りてくるとは思いもしませんでした・・・

でも、それを観ちゃってる俺も俺。


まぁ、有名な作品ですよね。

「猟奇的な彼女」の女優さんと監督が再びタッグを組んだということで、有名なんだったかな?

一応男優さんも「火山高」やら何やらに出てて有名なようですね。

あんま知らんけど・・・

「猟奇的な・・」は、まぁまぁ面白かったですよね。

斬新な展開でしたし。

脚本がよかったというより、脚色、監督がよかった感じでした。

だから、まぁまぁ期待してましたわ。


もう、レンタルされてるし、ちょい内容に触れていきますね。




ネタばれです。







街中で起こる引ったくり。

犯人を捕まえようと追いかけるミョンウ。

それを見て犯人と勘違いしてとっ捕まえてしまうのが、女性警官(非番)であるギョンジン。

二人の出会いは、こんな最悪で劇的なものでした。

こんなふたりが、いつの間にやら恋に落ちていくのだから恋愛ってわからない・・・(独り言)

ふと、ミョンウはギョンジンの過去のつらい思い出を聞いてしまう。

彼女は昔、双子の姉を交通事故で亡くしてしまう。

しかも、自分の身代わりとなる形で・・・

キョンジンは愛する人を失うつらさを知っていた。

夏の日、二人は旅に出る。

そこで二人は土砂崩れに巻き込まれてしまう。

事故のショックで気を失って溺れ死にしそうになるミョンウを必死で助けるキョンジン。

過去の記憶がよみがえり、これ以上愛する人を失いたくないと思ったのだろうか・・・

キョンジンの必死の応急処置により、ミョンウは一命を取り留める。

普段の生活に戻る二人。

ミョンウは教師としての生活。

キョンジンは街の平和を守るため、凶悪犯を追いかける生活。

ある日、キョンジンは凶悪な脱獄犯の追跡をしていた。

たまたまそこへ電話をしたミョンウは、いつもと違う何かを感じた。

“彼女は勇敢な人だが、たまに無謀な行動をとるから心配だ・・・”

電話越しの周りの騒音から、彼女の居場所を推定し、そこへ向かうミョンウ。

しかし、ここに悲劇が待っていた。

犯人を追いかけるキョンジン。

逃げる犯人。

そこへミョンウが現れる。

キョンジンと同僚の刑事が犯人に向けて発砲するが、

同僚の刑事の撃った弾丸がミョンウに・・・

一度は取り留めた命だったが、ミョンウはこの世を去ってしまう。

キョンジンは自分の撃った弾丸がミョンウを死に至らしめたと勘違いし、後追おうとする。

しかし、ことごとく失敗。

まるで、何かが彼女の死を拒むように・・・


・・・



なんか、今回は感想やなくて完全に内容説明になっとるな・・・

疲れたのでやめます。

感想を少し。

この映画はかなりの人が泣いたということが売りになっていましたが、実際は泣けませんでした・・・

キョンジンの切ない気持ち、愛する人を失ったつらさは伝わってきますが、泣くほどのものでもない。

ってか、演出が悪かったように思えます。

残念。

ミョンウが死んで49日後に、本当のさよならが訪れるという設定なんか、かなり泣かせると思うのですが・・・

途中の、肺を一つ失ったミョンウが夢の中に出てきて、瀕死の重傷を負ったキョンジンに生きる意志を与えるところなんか、はっきり言うていらん!

飛び降り自殺をしようとしているキョンジンの前に家出少年が現れ、ひと悶着。これもいらん!

もっと先に繋がるようなことならいいのですが、オムニバス映画のまったく違うお話が突然現れた感じがあって意味不明。

この映画このような節がいくつも見られました。

単発、単発に、無理やり何のつながりも無い話を入れてくる。

なんか、あかん。


娯楽映画としてはまぁまぁおもしろい作品ではありますが、とてもイイ映画とはいえませんわ。

いっちゃんおもろかったのは・・・


最後にキョヌがでてくるぅ~!!!

ってな感じです。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-05-07 04:06 | 自己マン

自己マン映画日記

どうも、一応履歴書等の趣味の欄に”映画鑑賞”と書いている僕です。

ひさびーさに映画を見させていただきました。

ま、DVDですけど・・・

ずーーーーーーっと前から、公開中から見たかった作品で、レンタル待ちしとりました。

もう、
「古いわ~。」
とか
「遅っ!!」
とか
「それでも映画好きを名乗ってるつもりか!」
と言われそうに遅すぎる鑑賞ですが・・・



SAWc0026146_416499.jpg


をみました。

まず感想を一言で、


やばい!

たまらん!

サンダンス系はやっぱ最高や!

俺のツボついてる!



はい、一言ではなく4言くらい言ってしまいました・・・


ちょこーっと内容に触れながら書いていきたいので、まだ見ていない人はこの先は見ないでね。



ネタばれです。





では。


まず、前半から中盤にかけては、ゆっくりと状況説明を兼ねた回想シーン中心で、ちょっと時間軸がバラバラなので注意して見ていないと訳わからんようになりそうでしたね。

でも、ジグソーの描写はなかなかのものでした。

ジグソーの狂気的な犯行もやばかったっす!

一旦はジグソーを追い詰めた警察のドジっぷりも・・・

そしてなんと言っても、”鎖につながれた二人(ゴードンとアダム)と、その二人の間に横たわる死体”という設定ですね。

恐怖から疑心暗鬼になる二人の心の動き。

さまざまなことを聴衆に想像させる設定。

日常からかけ離れた状況に増長させられる恐怖感。

聴衆を引き込ませるこの設定、すげぇわ。


と、ここまではちょっと褒めすぎましたが、実は中盤過ぎまでは少しのガッカリ感が漂っていました・・・

あまりに聴衆の想像を膨らませすぎたためか、二人がおかれた状況の展開の遅さに少しうんざりさせられる節がある。

そして、実際犯人の想像が容易である。

ってか、犯人を早い段階で見せすぎかな・・・


と、少しの嫌悪感を抱いている矢先、物語は終盤に差し掛かり、いっきにスピードアーーーーーーップ!

今までとは違い、いっきに畳み掛けてくる!

犯人と人質となっていたゴードンの妻との格闘。

そして、妻と娘が犯人に殺されると思い、理性を失いかけるゴードンにより、一気に加速する二人の展開。

とうとう、自分の足を切断してしまうゴードン。

鬼気迫る演技に感服です。

犯人の指示通り、アダムを撃ち殺してしまったゴードン。

そこへ犯人が来る。

「遅すぎた。ルールだ。」

とゴードンに銃を向ける。

しかし、撃ち殺されたと思っていたアダムが犯人を後ろからたたき殺す。

・・・

ふぅー

犯人は読めたし、前半から中盤にかけてのグッタリ感はあったものの、終盤の話の展開はなかなかのもので、”満足、満足・・・”


と思ったが、しかーーーーーーーーーし、ここで終わりじゃなかったぁー!!

犯人だと思っていた、ゼップはもう一人のゲームの参加者だったぁー!!

そう、彼も真犯人のルールに従って(遅効性の毒を盛られて)、ゴードンの妻と娘を人質にとり、二人の状況を監視していたのだ!

確かに、あんなに緻密かつ残虐的な犯行を、こんなゼップみたいなどんくさい奴にできるかぁ?と疑問には思っていましたが、ここまではさすがに読まれへん!

しかーーも、犯人は!

は、は、は、犯人は!

なんと!

二人の間に転がっていた死体!!!


ひょーぇーーーーー

しかも、ゴードンの病院の患者!(一度、前半で出てきていた)

手術不可能な脳腫瘍を持つ彼は、”生”に感謝しない人間に対して、”死”に直面させることで、”生”のありがたみを説く。

「多くの人間は”生”に感謝しない。 だが君は違う 今日からはな。」

やられたーーー!

結局、ジグソーの
「ゲームオーバー」
という言葉で締めくくられる、この作品。

かなり狂気的で残虐的な犯人を描き、聴衆をここまでひきつける。
最高ですわ。

私の映画の評価の一つに”やられた感”が大部分を占めるため、この映画の評価は高いです。



最後に、サンダンス発の映画はたまらんです!

SAW2が秋にも公開されるようですが、期待大です!
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-04-29 04:15 | 自己マン

苦手分野

c0026146_23404745.jpg先週、やったかな?
「君に読む物語」って映画見てきました。

このブログを見ていただければわかるように、私映画が好きです。
しかーし、この手の恋愛映画ははっきり言って苦手です。
なんか
「寒っ!!」
って思うことが先行してしまって、モノを純粋に観ることができまへん。

そんな私が何故この苦手分野にチャレンジしたのか。
不思議ですねぇ。

実は映画を観る前にEZ!TVで、「今、おっさんたちが泣く映画!」みたいなことで特集していたのがこの映画だったのです。番組で実験としておっさんら集めてこの作品を見せてました。
そしたら、ええ年こいたおっさん達ががっつり泣いとるんよ!
半分以上のおっさんがハンケチ片手にもっちゃり泣いとるんよ!
加齢臭ただよう映画館に涙、泪、なみだ・・・

おら、びっくらこいったっす。

いや、まじで!

こら、まじで泣ける作品なんちゃうか!?と思い、苦手な恋愛映画を見に行くことにしました。

まえに書いたように、涙もろい今日この頃、確実にボロ泣きするだろうと思っていました。


・・・


あれ?


どした?


涙腺、どした??


・・・


な、なけない・・・

あんなに、人生に疲れ果てたようなおっさん達がボッロボロ泣いてたのに・・・
俺の心は腐っているのか?そんな気持ちにさせられました。
はっきり言うて凹みました。
隣では、ストレス発散できたわぁと満足げに泣き倒している友人がいる。

もー

なんでー


c0026146_23412241.jpgいろいろ考えましたが、あの作品が悪い!との結論付けしてやりました。
なぜなら、同様に苦手分野である
「いま、会いにゆきます」
を観た私は、がっつり泣いたからです。俺の心はまだ腐っていなかったのです。

それにしても「いま、会いにゆきます」はよかったです。
イイっ!
たまらんかった!
まじで、あんな恋愛したいと思ってしましました。

なにが違うのかなぁと考えましたが、やっぱそ話の展開ですね。

前者は、確かにいいお話だったとは思うのですが、展開がまるわかり。ひねりゼロ。
たぶん、誰が見ても途中で話の展開がわかると思います。どっかで見たことあるなぁ的な感覚が至るところで襲ってきます。
私、このような作品に対しては恋愛映画云々の前に苦手です。
苦手というか、興ざめしてしまいます。
おそらく、泣くべきシーンに関しても予想が的中してしまったのでしょう。ま、ほとんどのひとが予想通りの展開だと思うのですが。
どうも、複雑で難解な映画が好きなんですわ、私。

これに対して後者は読めませんでした。まさか、あんなことになってるなんて・・・
実際には完全にありえないことですが、予想外ってところでよかったです。
実際にありえない設定だったところが逆によかったのですね。普通の恋愛映画なら受け付けない私が、どっぷりいっちゃったのはそういう予想外な展開、実際にありえない展開だったからでしょう。

でーも、この二つの作品にも共通点がありました。

そう!
ヒロインがかわいい!
外人の女性はよく知らない女優さんでしたが、ちょーかわいいー!
んで、竹内結子。まちがいない。まじょ、かわいいー!

ってことで、どちらもかわいい女優さんが出てるので、いい映画です。
ぜひご覧ください。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-03-15 23:41 | 自己マン

アカデミー賞について

またまた自己マンブログです。
まじしょーもないと思いますので、読むべきものでもないと思います。

では、はじめます。c0026146_353797.jpg

昨日、世界最大の映画祭であるアカデミー賞授賞式がありましたね。
私、一応映画が好きと言っていますのでちょっと注目していました。
といっても、WOWOWに加入しているわけでもなく、Yahooの速報で結果を調べると言う、どこにでもいそうなミーハーさんです。

今回は、日本で公開されている作品が少ないために内容についてはほとんどわからないので、予想しようにも出来ませんでしたし、結果を聞いてもさほどの興奮はえられなかった。
それまでにその役者さんが出ている作品なり、その監督さんが作った作品なりを思い出して、「あぁ~、流石やなぁ。」と思うことしか出来ませんでした。

そんなこんなで、感想をつらつら書いていきます。完全に自己マンです。

まず、最優秀助演男優賞のモーガンフリーマン!
好きっ!!
黒人俳優の中で一番好き!
受賞してもらした一言
「人生は続く。物事は変わる。ずっと同じであることはないんだ。だから我々も、世界の他のことと同じように進化している」
まじかっこいい。クール

最優秀助演女優賞。
あんまこの女(ひと)知らんわ・・・

最優秀主演女優賞のヒラリースワンク!!
あつい!30歳にしてもう二回目の受賞!
すげぇなぁ。実際ボーイズドントクライしか見てなし、結構前に見たから内容があまり残ってない。確かに演技がうまかったってことはなんとなく覚えている。
美人やから、好き!!
ついでに去年のシャーリーズセロンについて。
まじ奇麗!まじかわいい!
さいこー
でも「モンスター」でのセロンは怖い。
人間ってあそこまで変われるものなんや、演技の範囲って無限なんやって思いました。

最優秀主演男優賞ジェイミーフォックス!!
レイチャールズがグラミー賞で8冠(?)してるから話題性も兼ねて確実に獲るだろうと確信していました。獲ったねすごいね。
でも個人的に疑問が一つあります。これは別にジェイミーフォックスを否定しているんではないんですが。
このアカデミー賞が目前に迫ってきているとき、よくワイドショーなんかで「ジェイミーフォックスのレイは、そっくりで素晴らしかった。」的な発言をよく聞きました。
そこになんとなく違和感を感じました。
ものまね??
演技ってモノマネじゃないですよね?
今回のような実在した人物を演じる伝記的な作品では、主役の演技は純粋に演技自体が評価されているのでしょうか?
「アカデミー賞」は「ものまね王座決定戦」ではないですよね?

そっくりだったから
とか
昨年他界したレイチャールズを偲んで
とか
そんな理由で選ばれていないことを節に願います。

最後に監督賞、作品賞二冠のクリントイーストウッド!!
えらい老けたねぇ。
いくつになったんでしょうか?
昨年の「ミスティックリバー」で作品賞・監督賞を逃していただけに喜びもひとしおでしょう。
まじでこの「ミリオンダラー・ベイビー」には期待してしまいます。
昨年の「ミスティックリバー」があれほどいい作品であったのにアカデミーには及ばなかったと言う点がさらに私の期待に拍車をかけます。
はやくみたいなぁ。


ってか今回も受賞を逃した、ディカプリ男とスコセッシには笑けてしまいました。
すんません。
ちょっとかわいそー。



ってな感じで自己マンブログ終了。
前回の自己マン映画感想と今回の自己マンアカデミー賞感想によって、いったいどれだけ視聴率は下がったのでしょう。
まぁ、こんな自己マンは控えめにしていきます。
今後もよろしく。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-03-01 03:05 | 自己マン

自己マン映画日記

昨日夜、友人と飲みに行った帰りにふらっとビデオレンタル屋に行った。
特に見たい映画があったわけでもなかったが、なにか映画を見たい体になっていた。

今回見た映画は
「π(ぱい)」 と 「ファニーゲーム」

知ってる人は知ってるだろうし、知らん人は知らんでしょう。
それほど有名な映画ではありませんから。

ちょっと前に見て、このブログでも紹介した「ドニーダーコ」という作品がサンダンス映画祭発ということだったので、同じくサンダンス映画祭で注目された作品をチョイスしてみました。
→これが「π」

んで、パッケージの裏面にあった「これほど救いようのない映画は初めてだ!」という批評を見てチョイスしてみました。
→これが「ファニーゲーム」

じゃ、私なりの感想をはじめます。

πc0026146_22976.jpg

1999年の映画で、ネタばれしても差し支えないでしょうし、内容が難しく人それぞれに解釈の違いがあると思いますので、すこし内容に触れながら書いていきます。
この作品はモノクロ映画でジャンルとしてはSFサスペンスでしょうか?一千万円程度の超低予算映画である。
主人公は天才数学者。彼は一つの仮説を立てており、その仮説を証明するため日夜研究を続けている。
彼の仮説はこうだ。
「世の中の森羅万象は数字によってあらわすことができ、それを数式化すれば一定の法則が得られる。」
彼のこの仮説は、身の回りの事象と自然界の事象がよく似ていることから、すべての事象は繋がっているのではという考えからだ。たとえば、コーヒーに入れたミルクの動き、タバコの煙の動きが、DNAのような微小な自然界の事象から銀河系のような巨大な自然界の事象までの螺旋の形と酷似しているのである。
彼は株式市場というカオスを相手に自分の仮説を証明すべく狂人的に研究を重ねている。

ある日、彼のコンピュータが暴走し、不規則に並んだ216桁の数字を示した。

その216桁の数字の列こそが、彼の仮説を証明する鍵となるものだった。この数字をめぐり、株式市場を支配しようと企む謎の組織やユダヤ教の原理主義者たちが彼に迫ってくる。
子供の頃からの偏頭痛に悩まされながら、これらの組織に屈することなく彼は自分の仮説を証明すべく躍起になる。

ラスト、彼はその無意味とも思われる数字の羅列に隠された意味を理解したのか、それともあきらめたのか、自分の頭をドリルで貫き、その天才的な頭脳を自ら失った。私の考えでは、すべてを悟った彼は、その答えが計り知れないほど大きなものであったために、すべてを失う事を選んだのではないでしょうか?

とまぁ、私の解釈から内容の説明をしました。
はじめに言ったようにこの作品はモノクロ映画です。といっても、そんな昔の映画って訳ではなく、設定が大昔というわけでもない。あえてモノクロなのだ。すばらしい。モノクロにすることにより、この作品独特の世界観を引き立てている。色といった概念を捨て、物事の本質を見抜く、表現するといった意味が含まれているのかもしれない。映像としての美しさも際立っている。
オープニングからしてかっちょよかった。音楽もいい。
内容は難解で、私の住む世界とはかけ離れているので理解するのには一度見ただけでは難しいかもしれない。かく言う私も理解していない点が数多くある。
狂人的な数学者を題材にした作品で「ビューティフルマインド」というすばらしい作品もありますが、それとはまったく異なる作品で、人間関係を描写したシーンは一つもなく物足りなく感じる人も多いと思いますが、独特な世界観に引き込まれる作品でした。
全体的に、芸術性が高く、作品として完成度の高いものだったと思います。満足です。

最期に、この作品のタイトルが何故「π」なのか?
πは、円という最も単純な図形から得られる数値であり、どのような規則性も受け付けない複雑で乱雑な数字の列である。このπこそがカオスと予測不能な未来を象徴している。このπに数々の数学者が挑み続け、その法則を探求している。そこで、森羅万象に法則性を見出そうとする一人の天才数学者の話であるこの作品がπと名づけられたのだろう。


ファニーゲームc0026146_229232.jpg

あまり、このような場で作品を否定するのはよくないと思いますが、はっきり言ってクソ映画です。終わってます。
パッケージの裏に書かれていた「これほどまでに救いようのない映画は初めてだ!」という評価は、その通りだと思いました。この評論家は、この言葉を褒め言葉として使っているのだろうが、私は完全に否定的にこの言葉をこの作品に送ります。
なんともいえない後味の悪さ。
この映画を創った意味がわからない。
なにが言いたいの?
作品としての完成度はまぁまぁで、役者の演技も申し分ない。鬼気迫る演技には魅せられた。
でも嫌! 嫌い!
イライラしてしゃーない。

画面のこちら側に話しかけてくるし、挙句の果てには勝手に巻き戻してシーンのやり直しをする始末。
ある人は斬新だというかもしれない。でもこんなん映画じゃない!馬鹿にしてる。
ある人は「時計仕掛けのオレンジ」のようだというかもしれない。ぜんぜんちゃう!


でも、よくよく考えたら、こんなくそ映画に対してこれほどまでに感情を昂ぶらせている自分がいる。ある意味、すごい映画なのかもしれない。そう思ってネットでほかの人の批評を見たところ、大絶賛する声も多々あった。感性の違いから、プラスに評価する人・マイナスに評価する人がいますが、皆この作品に対して心を大きく揺れ動かされているのは確かでした。

う~ん。俺もまだまだだなぁ。
[PR]
by shingo_iwatani | 2005-02-27 22:09 | 自己マン


たまに興味を持ったことについてダラダラ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のLINK
最新のトラックバック
皇室典範に関する有識者会..
from 悪の教典楽天市場店
タクマとスズカと渋滞と(2)
from Thinking time!
タクマとスズカと渋滞と(2)
from Thinking time!
才能ある人向け
from 芸能門
音楽
from 芸能門
フェチバトン
from あれこれ日記
スーパーサイズ・ミー 今..
from 猫姫じゃ
漫才師
from 『漫才師』情報
住む世界が違う人たちとの..
from あれこれ日記
「僕の彼女を紹介します」
from the borderland
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧